トップメッセージ

topmessage

街頭や交通機関に限らず、日常のあらゆるシーンにデジタルサイネージと呼ばれる公共ディスプレイの存在が増えてきました。

 

日常生活は情報で溢れています。テレビや新聞といったマス媒体だけでなく、
インターネットが様々な情報との接触手段を多岐に渡らせ、それなしでは支障が出るほど身近な存在となりました。

 

そして全てのモノがインターネットに繋がるこの時代に、
情報表示端末であるデジタルサイネージは最早オンラインが前提となっているデバイスのひとつです。

 

デジタルサイネージはインターネットによるネットワーク化が急速に進んでおり、
そのネットワーク化による利便性を活かした複数をリアルタイムに制御するマーケティング展開が広がりつつあります。

 

わたしたちはあらゆるデジタルサイネージをインターネットで接続し、
リアルタイムな伝達を可能にする新しい情報流通のカタチを創っていきます。

 

穴原 誠一郎

PAGE TOP